ヘルペスの種類と症状、ヘルペス治療に有効なゾビラックスやバルトレックスの概要とお得な購入方法を記載しています。

ヘルペス基礎知識

バルトレックス通販

ヘルペスの種類

人に感染することが認められているヘルペスウィルスの種類は、8種類あると言われています。

感染したウィルスによってもその症状は異なり、日本人の約50~70%が「単純ヘルペスウィルスⅠ型」に感染していると言われています。

唇に症状が現れる「口唇ヘルペス」、性病などとしても有名な「性器ヘルペス」、種類によって発症する部位も異なってきます。

私たちの日常生活で感染しやすいヘルペスウィルスについて解説していきます。

8種類のヘルペスウィルス

ここでは病名と共に、そのウィルスの種類を紹介します。

かかりやすいウィルス

■単純ヘルペス1型
これは初めにも紹介した通り、「口唇ヘルペス」「ヘルペス性歯肉口内炎」「カポジア水痘様発疹症」「角膜ヘルペス」などがあります。

■単純ヘルペスウィルス2型
これは性病として有名な「性器ヘルペス」になります。

■水痘・帯状疱疹ウィルス
小さな頃に発症しやすい「水疱瘡」。
他にもからだの半分に帯状に発疹ができる「帯状疱疹」などがあります。
これらの病気は、一度発症したら再発しないことが他のヘルペスと異なります。

上記3種類が、一般的にかかりやすいウィルスとなります。

症状は共通して水ぶくれが出来るということですが、病変が出来る部位が異なります。

ウィルスが体内にあるからといって必ず発症する訳でもありません。
日和見感染といって、免疫などが低下している時にからだの中のウィルスが暴れだしてしまい発症することもあります。
人によっては、からだの中にウィルスが何十年と潜伏していることもあります。

これ以降は知っている病気もあれば、一般に聞いたこともない病名も出てきます。

あまり知られていないウィルス

■EBウィルス
「伝染性単核症」という病気を引き起こします。

■サイトメガロウィルス
これは目の病気としては有名な「結膜炎」、他には「肺炎」の原因となることがあります。

■ヒトヘルペスウイルス6
「突然性発疹」や「脳炎」などを起こします。

■ヒトヘルペスウイルス7
同じく「突然性発疹」の原因となります。

■ヒトヘルペスウイルス8
「カポジ肉腫」という病気を発症します。
この病気は、臓器移植を受けた後に投与される免疫抑制剤の影響から発症することや、エイズ患者さんに発症することが知られています。

このように身近なウィルスもあれば、そうでない種類もあります。
「ヘルペス=性病」のようなイメージがあるかも知れませんが、必ずしも性行為で発症する訳ではない事に注意してください。

治療によって完全に体内からウィルスを除去することはできませんが、体調管理などによって発症を抑えることは出来るので、健康的な生活を心掛けるようにしてください。

ヘルペスの治療

ヘルペスというと即座に性病と考える方もいらっしゃいますが、上にも記載しましたように、身体の色々なところに出来る発疹のウイルスです。

ヘルペスは性病という解釈も間違いではありませんが、それはあくまで一部で、より広く知られているのは、小さい頃に発病感染する水疱瘡があげられます。

ヘルペスは1度体内に感染すると一生潜伏するウイルスで、身体が弱った時に出てきます。
例えば、風邪や疲れなどで身体が弱った際に口周辺に疱疹が出来るといった感じです。

ウイルスに感染したら対応する医薬品による治療が必要となります。

ヘルペス治療に効果的な医薬品

ヘルペスの治療薬としては、一般的にGSKファーマ社のゾビラックスが有名ですが、更に改良を加えたバルトレックスも認知され始めています。
ジェネリックも開発されており、そちらはバルシビルと言います。

ゾビラックスの服用回数を軽減し、より効果を高めたのがバルトレックスとジェネリックのバルシビルです。
頻繁に発疹が現れる方は、常備薬となっており欠かせない薬となっています。

セックスで感染する例は、既にヘルペスが身体の一部で疱疹しているパートナーと性的行為を行った際に一緒に感染してしまう例が多いようです。

コンドームを着用しない性行為やフェラチオなどが感染ルートとして、現在も多くの患者を排出しています。

性感染症のリスクと予防法

性病には、ヘルペス以外にもクラミジアや淋病・梅毒やコンジローマなど色々あります。
もっとも危険な病気がHIVです。
こちらも主にコンドームの未着などから感染し、発展途上国では深刻な病気となっています。

先進国では、一生薬を投与し続ける事で発病をさせない治療薬が開発されていますが、とても高額で月々5万円位の費用を一生払い続けなければなりません。

薬価が高額なため、発展途上国の人々が服用出来るわけもなく、多くの方が命を落としている感染病のひとつです。

クラミジアなどは、現在の日本で最も感染者数が多い性病で、特に10代の感染者が多く、全体の3%に感染の経験があるとのデータも存在しています。

全ての性病に言える事ですが、一時の過ちが自分の一生を左右する可能性もあるため、コンドームなどの避妊具をしっかりと着用して行為に臨む事を強く推奨します。

ましてや風俗などは、不特定多数が介在する性病天国のような場所でもあるため、利用される男性、そこで働く女性共に、感染には充分に注意して下さい。

さて、このように、ヘルペスをはじめとする感染症にかかってしまったら治療薬の服用が必要となりますが、その肝心な薬はどこで手に入れれば良いのでしょうか?

次に、治療薬の具体的な購入方法について説明します。

ヘルペス治療薬の購入法

帯状疱疹であれば、1度の治療で再発する可能性がありませんが、口唇・性器ヘルペスは人によっては何度も再発を繰り返してしまう事があります。

再発を抑えることは、現在の医学では難しいとされてます。
1度感染した「単純ヘルペスウィルス」を完全に体内から取除くことはできません。
つまり、「体調が悪いな…」と感じた時に免疫力が低下していると再びウィルスがからだの中で増殖をはじめてしまい再発します。

仕事などをしていたら、再発のたびに休みをとって病院に行く時間もないはず。
また早く治療しなければ、家族など周囲の人にも感染させてしまう恐れもあります。

そんな時に便利なのが、海外通販を利用して2つの薬を購入する方法です。

この方法を利用することで、病院に行かずとも誰でも簡単に薬を購入することができます。
どちらの薬も海外医薬品となるので、価格も病院処方と比べるとお得に購入できます。

気になる購入方法ですが、特別なものを用意する必要はありません。
必要になるのは、パソコンまたはスマホです。
インターネットで、「ゾビラックス ジェネリック」などと検索すると、商品を販売しているサイトが検索結果で表示されるはずです。
あとは、国内通販と購入方法は同じです。

①ゾビラックスあるいはバルトレックスをカートにIN
②購入数の選択(個人使用の範囲となっているので、1度に大量の購入はできません。)
③必須事項の入力(氏名・住所など)
④支払方法を選択(海外医薬品を代行して業者が購入するので、クレジットか銀行振込のみとなり、代引きはできません。)
⑤支払が確認され次第、商品が海外より配送
⑥10~14日を目安に、指定した住所に薬が到着

支払方法や商品の到着に関しては国内通販と多少異なります。
欲しい時に手元に薬がない状態では治療ができないので、1度発症した事がある人は予め購入しておくほうが良いでしょう。

大切なことは「出来る限り早めの治療」となるだけに、薬を常備しておくのは早期回復を図る上でも大切な事となります。

当サイトでも安心信頼の個人輸入代行サイトをご紹介していますので、治療薬の購入をご希望の方はぜひご利用ください。

治療薬の詳しい服用方法については下記リンクよりご確認いただけます。

ヘルペスは必ずしも性的な行為から感染する訳ではありません。
日和見感染といって、上にも記したように自分の体調によって症状が現れることもあります。

薬の常備はもちろん、日頃の体調管理もしっかりと行うことがヘルペス対策には有効です。

ゾビラックスとバルトレックスの服用方法 ゾビラックスとバルトレックスのジェネリック ヘルペス感染を防止する方法と日常の注意点 ヘルペスの再発を防ぐ健康管理方法と食生活