性器ヘルペスと口唇ヘルペス、帯状疱疹との違いとゾビラックスによる治療について記載しています。

ヘルペス基礎知識

バルトレックス通販

  1. TOP
  2. ゾビラックスで治療するヘルペスと帯状疱疹

ヘルペスと帯状疱疹の治療法

ヘルペスの代表的な症例は大きく分けて2種類あります。

1つは性器や口唇にできるもの、もう1つは帯状疱疹や水疱瘡に分けられます。

帯状疱疹や水疱瘡は、一生に1度のもので、1度感染し、完治すると症状が出る事はありません。
つまり再発のリスクは全くないという事です。

しかし、性器や口唇などにできるものは再発のリスクがあり1度完治しても、体調不良や風邪などによって再発してしまいます。

帯状疱疹

完治後再発のリスク無し
通常発症は一生に1回のみ

性器・口唇ヘルペス

再発のリスク有り
体調不良時にも発症の可能性

どちらのウィルスも非常に強力で繁殖力も強いので、症状が出た場合、熱を出したり、感染部位が痛くなったり、痒みを伴ったりします。

早期発見、治療が症状を治すことにおいて最も大切なこととなっています。

また感染症なので、患部が接触してしまうと人に感染させてしまうので、パートナーとのセックスやキスは控える様にしてください。
パートナーの一方が感染した場合は、念のため病院でお互い診察してもらうようにしてください。

ゾビラックスで治療するヘルペス

こういったヘルペスなどに効果的な薬を紹介します。

それはゾビラックスという薬で、多くの病院でも処方される薬です。
ゾビッラクスとはウィルスの増殖を防ぐのに有効的な薬であり、認知度も高く、安心して服用できる抗ウィルス薬となっています。

治療には有効的な薬ですが、弱点が1つあって、服用回数が1日に5回と非常に多く、大体4時間おきに服用しなければなりません。
5回も服用しなければならない理由として、効果が5時間ほどしかもたないからです。

服用回数の多い薬は飲み忘れの原因や患者さんの負担になるので、自己判断で「もう治ったから飲むのも面倒だし不服用を止めよう」と考えてしまう人もいます。
しかしこの考えは非常に危険です。
服用を続けなければ、きちんとした効果が発揮されないので、注意が必要です。

副作用は、ほとんどなく安全性が高い薬とされているので、安心して服用を続ける事ができます。

再発のリスクを考え、常備しておく事がおすすめですが、毎回病院に行く時間はないという人のためにあるのが、この薬のジェネリックであるアシビルです。
ジェネリックなので、効果効能、副作用などもほとんど変わる事なく、低価格でインターネットなどで簡単に購入できるようになっています。
再発を繰り返す人には、アシビルが非常におすすめです。

ゾビラックスとバルトレックスの服用方法 ゾビラックスとバルトレックスのジェネリック ヘルペス感染を防止する方法と日常の注意点 ヘルペスの再発を防ぐ健康管理方法と食生活