ヘルペスは再発率の高い感染症です。口唇ヘルペスや性器ヘルペスを繰り返さないための健康管理を説明しています。

ヘルペス基礎知識

バルトレックス通販

  1. TOP
  2. ヘルペスの再発を防ぐ健康管理方法と食生活

ヘルペスの再発防止に向けた健康管理

栄養バランスの整った食事は、からだの健康状態を整えてくれます。
これはヘルペスウィルスに対しても同じことが言えます。

ヘルペスは1度感染してしまうと、ウィルスの増殖を抑制することはできても完全にからだの中からウィルスを取除くことは不可能です。

つまり、再発防止のために健康管理は必須となります。

日頃から注意することができる食生活を中心にヘルペスの再発予防法を記載します。

ヘルペスの発症に影響を与える食事

毎日摂る食事を意識して変えるだけでも十分な対策となるはずです。
中には、悪影響を及ぼす栄養素があることにも注意が必要です。

悪影響を及ぼす食材

「アルギニン」という物質は血管拡張効果などがあることから、健康な暮らしには非常に有効な栄養素です。
しかし、このアルギニンはヘルペスの発症を促進してしまう栄養素でもあり、ウィルスの成長を助長してしまうと言われています。

再発を繰り返している人は、カフェインやナッツ、大豆、レーズン、海老、牛乳などの摂り過ぎには注意してください。

好影響を与える食材

一方で再発率を抑えて、症状が現れても治療のスピードを早めてくれる栄養素もあります。

それがアミノ酸の一種である「リシン」です。
患部の周囲が赤く腫れ始めるまでに対処するのがもっとも効果的と言われています。

リシンはからだの中で合成できない栄養素となるので、食事から摂ることが大切です。
早い段階であれば、数日で症状が治まる人もいると言われるほどウィルスに有効とされています。

リシンを取れる食事は以下のようになります。

特にオススメとなるのが蕎麦です。
そばアレルギーがない人は、1日1食取り入れても良いくらいです。

口唇ヘルペスであれば、口の周りが痛い時でも冷たいそばであれば食べ易いという利点もあります。

ヘルペスウィルスと紫外線の関係

食生活を管理した上で注意したいのが、紫外線です。

日に当たることは健康管理としては、大切です。
ですが、特に夏場などは強い日差しを浴び続けるとからだが疲れ易くなります。

つまり、紫外線を浴びるということは免疫が低下することにつながるので、ウィルスの活動を活発にしてしまう恐れもあります。

女性は紫外線対策をしている人は多いはずですが、男性はそういった対策をしている人は少ないはずなので再発予防対策として日焼け止めなどを取り入れてみてください。

1度感染するとウィルスを除去できないだけに、日頃から再発予防は欠かさず行っていきましょう。

はじめて感染した人はこういった対策はもちろん、医療機関を受診することが最優先となります。
病院等へ行っている暇などない、という方は個人輸入における治療薬の購入をご検討ください。

ゾビラックスとバルトレックスの服用方法 ゾビラックスとバルトレックスのジェネリック ヘルペス感染を防止する方法と日常の注意点 ヘルペスの再発を防ぐ健康管理方法と食生活