ゾビラックスとバルトレックスはヘルペスの治療に有効な抗ウィルス薬です。両者の特徴を詳しく説明しています。

ヘルペス基礎知識

バルトレックス通販

  1. TOP
  2. ゾビラックスとバルトレックスの作用

ゾビラックスとバルトレックスの特徴

ヘルペスの治療薬といえばゾビラックスとバルトレックスです。

以下にそれぞれの薬の特徴を記載します。

ゾビラックスの特徴

あらゆるウィルスに効果が期待できると言われている、ゾビラックス。

主に帯状疱疹や性病の1種でもある性器ヘルペスの治療などに使われます。
帯状疱疹などの治療薬といえばゾビラックスと言われ、知名度も高く、非常に有名な抗ウィルス薬です。
病院などの医療機関もほとんどの所が治療薬として処方します。

ウィルスを攻撃し増殖を防いでくれるので症状の悪化を防ぐためにも有効で、便利な薬となっています。

しかし、1つ弱点があります。
それは、服用回数が非常に多い事です。

風邪薬などをイメージしてみてください。
風邪薬は1日3回の服用の場合が多いですよね。
3回なら朝・昼・夜の食後に服用すればよく、飲み忘れもなく服用を続けられます。

それに比してゾビラックスは1日に5回も服用をしなければなりません。
そのため、飲み忘れも増え、治療が中途半端な状態で止めてしまう人も中にはいます。

1日5回の飲み方として、大体4時間おきに服用しなければなりません。

効果は高い薬ですが、服用回数が多いため多少なりとも患者さんの負担も増えます。

バルトレックスの特徴

ゾビラックスの欠点を補うため、最近では改良されたプロドラックであるバルトレックスという薬が登場してきています。

こちらの方が効果も強く、なんといっても服用回数が少なくなり負担が減るので、病院でも処方するところが増えてきています。

バルトレックスとは、グラクソスミスクライン社が製造し販売している薬です。

この薬の主成分は塩酸バラシクロビルという成分になっています。
塩酸バラシクロビルは帯状疱疹などの原因となっているウィルスに効果があり、ウィルスの増殖などを防ぎ、発症から5日以内に服用をすれば、症状を最低限に抑えてくれます。

服用回数も1日に2回となっていて水と一緒に飲むだけで大丈夫です。

この薬も、もちろん医薬品となっているので、副作用はあります。
ですが、副作用の発症は少なく、副作用がでたとしても眠気がきたり、頭痛や下痢など軽度のものばかりなので、比較的安全に服用することができます。

バルトレックスのジェネリック医薬品であるバルシビルは、有効性が変わらず購入価格を抑えられるので注目を集めています。

帯状疱疹は1度完治すると2度と症状が出る事はありませんが、ヘルペスは再発の恐れがあり、早い人では完治してすぐに再発してしまう人もいます。

感染症でもあるので、再発に備えてこれらの薬を常備しておいた方が良いです。

個人での使用も認められているので、インターネットなどでも購入できる様になっています。
病院に行く時間が無い方は、ネットでの購入をおすすめします。

ゾビラックスとバルトレックスの服用方法 ゾビラックスとバルトレックスのジェネリック ヘルペス感染を防止する方法と日常の注意点 ヘルペスの再発を防ぐ健康管理方法と食生活