ゾビラックスとバルトレックスのジェネリックであるアシビルとバルシビルについて、その詳細とメリットを解説しています。

ヘルペス基礎知識

バルトレックス通販

  1. TOP
  2. ゾビラックスとバルトレックスのジェネリック

ヘルペスを治療するジェネリック薬

ヘルペスの治療に効果的なゾビラックスとバルトレックス、2種類の薬のジェネリックについて紹介したいと思います。

ジェネリック医薬品とは何なのか、まずはその点から説明します。

利点の多いジェネリック

ジェネリックを知っていただくために使用する人のメリットとなる2点を紹介します。

①先発薬と同一の成分が含まれているので効果あるいは副作用などはほぼ同じ
②薬価が先発薬の10%~20%ほどに抑えられる

1番目については、先発薬で研究し尽くされた成分が使用されているので安心と安全が確保されます。

そして、ジェネリックの最たる利点が2番目のコストについてです。
再発を繰り返したり、慢性的な疾患などは特定の薬を長期使用するため、薬代の大きな節約へとつながります。
とくにバルトレックスは先発薬1錠が500円ほどするので、そのメリットはかなりのものとなります。

変わらぬ効果を期待でき、さらにお得に購入できることから、再発の多いヘルペス治療においてジェネリックの活用は大きなメリットとなるはずです。

それでは、ここから「ゾビラックス・ジェネリック」「バルトレックス・ジェネリック」の詳細を解説していきます。

ゾビラックス・ジェネリック【アシビルDT】

これはインドに拠点を置いている「シプラ」という製薬会社が製造販売を行っているゾビラックス・ジェネリックです。

1錠あたりが約50円ほどとなるので、1日5回の服用を考えるとかなりお得です。

成分は同一の「アシクロビル」となります。
なので、服用することでウィルスの細胞内で活性化し、ウィルスが増殖することを抑えることができます。

変わらぬ効果が期待でき、1錠も50円と非常に低価格なので常備しておくのにも適しています。

バルトレックス・ジェネリック【バルシビル】

先発薬であるバルトレックスはヘルペス治療の特効薬と言われるものの、薬価がネックでありました。
というのも、1錠が500円近くするのです。

しかし成分が同一の「バラシクロビル塩酸塩」を使用しているバルシビルに切り替えることで、1錠は130円ほどに抑えることが出来ます。

ゾビラックスなどに比べると服用回数も少ないことから、薬代も含めて患者さんの負担を大幅に軽減することができます。

効果としては、ウィルスの増殖を抑えるのでゾビラックスと変わりません。
ですが、成分の吸収率に優れているので少ない服用回数でヘルペスを治療することができます。

少ない負担で治療したい人は、バルシビルがオススメです。

どちらの薬も海外通販で購入することが出来るので、より安くヘルペスを治療したいと考えている人は検索してみて下さい。

ゾビラックスとバルトレックスの服用方法 ゾビラックスとバルトレックスのジェネリック ヘルペス感染を防止する方法と日常の注意点 ヘルペスの再発を防ぐ健康管理方法と食生活